幻想の城

胡蝶の夢

無題

「男と女が戦争をすれば、勝つのはどちらだ?」

「男だろ」

「根拠を答えろ」

「身体そのものの基礎からして、男が上だ。知性、IQに関しても男が上だ。1対1なら才を持つ女が勝つこともあるかも知れないが、戦争ならありえないな」

「…………」

「この俺が考える、将来のビジョンだ」

「ビジョン?」

「今の日本は、腐っていると思わないか? 禁止区域の出身者よ」

「お前は表の世界を見てきた、ならば答えられるはずだ」

「ま、確かに色々お粗末は目立つな」

「日本の歯車が狂い始めたのは、政治家の世界に女が踏み込んできた時から始まった」

「男女平等を唱えた。愚かな話だ」

「平等とは、等しくあること。ところが、今の日本は明らかに女尊男卑になっている」

「平等なんてのは、理想だろ。それこそ昔は男尊女卑だったら、今は立場が逆転したってだけだ」

「そう。立場は逆転したのだ。女は平等を望むフリをしながら、逆転の機会を待っていた」

「男を虐げる日を望んでいた」

「もっとも、それ自体は構わん。あくまでも、女が男よりも優れたモノであるならな」

「地下組織如きの親玉が、なに言ってやがんだ」

「なぜ昔、男尊女卑であったかを考えろ。それは男が優れた生き物であるからなのだ」

このままでは日本は滅ぶだろう」

「はっ……テメェは預言者か何かか?」

「俺の名は五十嵐。元政治家としての結論だ」

 

 

……

 

 

「俺はこれから、男が支配する日本を作り上げる」

「女とは実に感情的な生き物だろう? セクハラの定義ひとつとっても、男の容姿次第で冤罪となるように」

「メスは管理しなければならないのだ。それが実現不可能なら、男女の二大政党制を組むべきなのだ」

「混ぜてしまうから混乱が起きる」

「二大政党制にして、女側が勝ったら大人しく従うのか?」

「女が勝つことなどありえん。戦争においても、政治の世界においても」

「とんだ自信だぜ」

「よく周囲を見ろ。女が如何に劣等な生き物であるかを」

 

 

 

 

 

俺が日頃考えてること寸分たがわず言ってくれた。