楽園のメタファー

現世に楽園などない

女子小学生

ロウきゅーぶ!の一期二期一挙放送があったので、中学生以来にロウきゅーぶ!を見ました。

 

真剣なバスケシーンと萌えシーンが両立されててやはり大変面白かったです。萌え要素しかなかったらここまで流行ってなかったと思います。

 

さて、この記事では身長は160後半と恵まれていながら、臆病であるゆえ作品の前半ではうまく自分の力を発揮できずにいたセンターの香椎愛莉ちゃんについて思ったことを一つ。

 f:id:kifuyupoke:20170629130326j:image

 

このキャラ、すごーーーーく自分とかぶるんですよね。

それこそ作品の序盤では、臆病な性格ゆえ相手の気迫に押されて尻込みする場面や、身長の高さをコンプレックスに感じてるため、思うようなプレイができずに悩んだりします。

でも、そんな自分が嫌で変わりたいと必死に練習をし、関係が悪かったバスケ選手の兄とも仲を修復し、目の前の勝負に全力で挑み、徐々にコンプレックスを解消していきます。初期は「背が高い」と言われただけで泣きだすほどで、センターも嫌がってましたが、二期の終わりでは、身長がコンプレックスであることを知らない他チームの子に身長のことを言われても平然と受け答えしたり、同チーム同ポジションの一つ下の「かげつ」ちゃんに「センターはみんなの支えだよ」と激励を送ったりするようになります(←ここで感無量)。

 

ここからはオタク特有の自分語りになりますが、ぼくも小6の終わりころにすでに170くらいありましたし、図体は愛莉と同じ大きかったです。しかし、なかなかどうして闘争心と言うものがなく、当時サッカーもやっていましたが、試合に勝つというよりはチームメイトと一緒にサッカーするということが楽しかったクチなので、イマイチ闘争心が芽生えず、中1の頃にはチームも変わり、中学サッカーになるとより勝つことも求められるので、人間関係も相まって辞めてしまいました。のちにぼくはポケモンと高校の部活で闘争心や競争というものを覚えるのですが、できればサッカーで覚えたかったものです。

愛莉はその点バスケで競争を覚えているし、自分の背が高いことをもう長所としか思ってないし、ぼくの果たせなかったことを果たしてくれそうです(偶像崇拝)。

 

 

やっぱり、愛莉は最高だぜ!

 

後は真帆がつばひーに対してちょっとだけお姉さん風味出したり、ひなたが身長の低さを活かしてディフェンスの腕の下をすり抜けるシーンとかめっちゃ好きです。

 

f:id:kifuyupoke:20170629135241j:image

 

 

原作も久々に読みたくなりました。5巻だか6巻だかそこいらまで中学生の時読んだ記憶が。

将来は、もっかんと愛莉で世界を獲ってくれ。

 

 

小学生は最高だぜ!